【就活生必見!】IT企業におけるコンサルタントという仕事について

IT業界

IT業界のなかでも、一般的に企業システムの導入や構築を行っている会社は、セールス職、コンサルタント職、エンジニア職があります。

セールスはその名の通り、営業職のことです。お客様となる企業に対し、システムを提案し、契約を取ることが主な仕事となります。

それに対し、エンジニア職は、契約後のシステムを作ることを、システムを保守していくことが主な業務となります。

その中間にいるのがコンサルタント職であると言われていますが、実際のところ何をしているのか、学生の方はイメージすることが難しいと思います。

今回は、コンサルタント職の仕事を紹介したいと思います。

職種によるお仕事の住み分け


システム開発の仕事は一般的にセールスとデリバリーに分かれます。

セールスはシステム化の計画から契約の締結まで、デリバリーは実際にどんな機能を作るかから保守運用までを指します。

図の通り、営業はデリバリー段階に絡むことはありませんし、エンジニアは、セールス段階に絡むことはほとんどありません。

しかしながら、IT業界におけるコンサルタントの役割は多岐に渡っています。

セールス段階での主役は営業、デリバリー段階での主役はエンジニアになるわけですが、コンサルタントは、ほとんどのフェーズに携わる可能性があります。

セールス段階では、具体的なソリューションを提示し営業のサポートをします。

デリバリー段階では、プロジェクトマネジメントや、テストやシステムリリースのサポートをします。

多くのコンサルタント、特に若手の時はデリバリーを担当することになるため、今回はデリバリー段階において、コンサルタントがどんな仕事をすることになるのか、具体的に説明します。

プロジェクト管理者としてコンサルタント

コンサルタントの多くはプロジェクトマネージャー(PM)やプロジェクトマネジメンオフィス(PMO)としてデリバリーを担います。

PMは言葉の通り、プロジェクト全体を管理する立場として、進捗管理や人員管理、デリバリー段階で発生する課題の管理をしながら、各フェーズお客様説明を担います。

PMOは、一言で言ってしまうとPMのサポートをする立場です。

プロジェクトでは、お客様への説明資料や管理資料など、様々な資料を作成するため、実際に手を動かして資料作成を担当します。

特に新入社員の場合だと、PMOの役割として参画することが多いと思います。

 

エンジニアっぽいことをやるコンサルタントもいる

一般的に設計フェーズからテストまではエンジニアがメインのフェーズとなりますが、コンサルタントが担当することもあります。

僕が働いているプロジェクトでも、エンジニアと同じように働いているコンサルタントもいますし、中にはプログラミングをして、実際に開発業務を担っている方もいます。

特にSAPなどのERPパッケージ導入のプロジェクトの場合、プログラミングをして0からシステムを作るわけではなく、すでに製品として出来上がっているシステムをお客様の要件に基づいて、設定していくという作業なので、コンサルタントが担当することも多いです。

IT業界、特にシステム開発においては、やはりシステムやテクノロジーのことを分かっていた方が、提案やプロジェクト管理の際に、役立つため、コンサルタントとして採用した場合でも、入社から数年間は、エンジニアのように若手を育てていく会社も多いと思います。

まとめ

IT業界におけるコンサルタントが担う業務の幅は広いです。

お客様とのコミュニケーションする能力、プロジェクトを管理する能力、テクノロジーやシステムへの理解力のIT業界における全てのスキルを身につける必要があるため、大変な仕事です。

その分、エンジニアや営業と違い、ITシステムのほぼ全ての段階に携わることもできるため、非常におもしろい仕事だと思います。

ただし、これからITコンサルタントとして就職したいと思っている方は、コンサルタントだから、テクノロジー関連はエンジニアの仕事でしょ?と思って就職しない方が良いと思います。想像以上にテクノロジーやシステムに関連した仕事をすることになります。

コメント