社会人3年目の転職で大切なこと3選

社会人3年目となると、一人で仕事を進めるようになってきますよね。

仕事の内容もほとんど分かってくる時期ですし、今働いている会社のことをよく分かっってきます。

そんな中で、今の仕事が辛いとか、もっと別のことをやりたいと思う人もいるのではないでしょうか。

転職が現実味が帯びてきているかもしれません。

今回は、社会人3年目で転職を考えてる方に、3年目で転職を考えること、実際に僕が3年目で転職活動してみて思ったことを紹介します。

 

周りに流されない

社会人3年目ともなる同期の中にも、転職し始める人が出始めてくるでしょう。

ここで大事なのは、周りも転職活動している、実際に転職したからといって、自分の転職活動してみようかなと安易に思うべきではないことです。

同期も転職活動してるから、自分もやってみるみたいな思いでは、まず転職活動に本気になっていないので、だらだらやることになってしまいます。

もし、そういった時に、興味のある企業を受けたとして、落ちてしまった場合、本気で転職活動をし始めた時に、その会社を受けることはなかなか難しくなってしまいます。

転職活動は基本的に平日にやることになります。中には、土日に面接をしてくれる会社もありますが、ほとんどの会社の面接は平日です。仕事を休んだり、早めに上がったりと何かと大変です。

だからこそ、周りが転職活動しているからという理由で、安易に転職活動することはオススメしません。

 

石の上にも三年というお話

よく社会人になったら3年間は辞めるなというお話がありますよね。

もしあなたが今の会社が辛いとか本当にどうしても他にやりたいことがあるのであれば、この話を気にする必要は全くありません。

しかしながら、実際の面接となると、受ける企業の面接官の方は、3年も経っていないのにどうして辞めるの?とか、なんで新卒の時にうちの会社受けなかったの?と必ず聞いてきます。

3年目で転職活動をするなら、面接の時にそういった質問にしっかりと答えられるようにしましょう。

その答えが、論理的かつ、それなら仕方ないねと面接官に思わせることが大切です。

 

少ない経験をどう伝えるか

転職活動の面接では、今までの経験を見られます。

3年目となると、新人研修を除くと、実質2年程度しか実務経験がありません。

社会人10年目の人と比べたら、実務経験が圧倒的に少ないことは明白ですよね。

2年ほど実務経験をしていれば、誰にだって頑張った経験や努力した経験があるはずです。あんまり大したエピソードじゃないかもしれませんが、そういった自分が今までやってきたことを自信を持って話すことが大切です。

また、面接官の方も、実務経験がないことが重々承知しています。

3年目ならばポテンシャルで採用してくれることも多いので、やる気をアピールすることや、どうしても入社したいという熱意を伝えることも非常に大切です。

3年目の転職面接では、今までのことよりもこれからのことをしっかりと伝えられるようにしましょう。

 

最後に

今回のお話をまとめると次の3つになります。

  • 周りに流されて転職活動を始めるのはやめよう
  • なぜ転職するのかを明確に答えられるようにしよう
  • 今までの経験よりもこれからどうしたいかを伝えよう

社会人3年目ならば、ほとんどの方が20代後半でしょう。

定年までの長い年月を考えれば、まだま社会人として始まったばかりです。

今の時代、転職なんて当たり前ですし、自ら動いて、自分のやりたいことやなりたい姿を掴み取ってください。

 

コメント