本気で転職を考えた時にやるべきこと3選

転職しようかなと思い始めてる方は、とりあえず転職サイトとかに登録してみるっていう手もありかと思いますが、本気で転職しようと考えてる方がいきなり転職サイトに登録するのは正直あまりオススメしません。

もちろん、最終的には転職サイトや転職エージェントを登録したほうがいいと思いますが、その前にやるべきことがあります。

今回は転職サイトに登録する前にやっておくべきことを僕自身の経験から紹介したいと思います。

 

なぜ転職したいのかを考える 

なぜ転職するのかについては実際の面接でも転職エージェントとの面談でも聞かれます。

まずは、自分が今の仕事について思っている不満等をすべて書き出してみましょう。

書き出されたことが転職したい理由です。

ここで大事なのは頭の中で考えるだけではなく、実際に書き出してみることです。

不満を全て書き出すことができたら、次にその不満をどうやったら解決できるのか考えましょう。

例えば給料が低いことが不満にある場合、それを解決するためには、給料が高いことになりますよね。

不満の解決方法は転職の際に企業を絞る判断基準となります。

不満と解決方法を書き出したこの時点で、転職理由と転職条件がクリアになったわけです。

 

受ける業界や職種について考える

すでに転職理由と転職条件は明確になっていますので、次はどんな会社を受けたいのか考えましょう。

ここでは、今までの社会人の中でどんな作業が好きだったのか、これからやりたいことを書き出してみましょう。

転職面談では何がしたいのかどんなキャリアを歩みたいのかは定番の質問です。

今までの経験のなかで自分が好きだったことや、これからやりたいことで、受ける業界や企業、職種を、絞ることができます。

ある意味、これも転職条件の1つとなります。

転職活動は仕事をしながらやってる人が多いと思いますので、できる限り条件を設けて絞って行ったほうが効率的に活動ができます。

中途採用の場合、新卒採用とは違い社会人としての経験が見られます。第二新卒や未経験可でもない限り

 

スケジュールを決める

いつ入社したいのか、今の仕事を考えて現実的にいつ入社できるのか考えましょう。

いつ入社したいか、できるのかは転職エージェントとの面談でも聞かれますし、企業の面接でも聞かれます。

内定をもらえたとしても、今の仕事が支障がでるから入社できないとなっては元も子もありません。

一般的に転職活動は入社までに以下のタスクがあります。

  • 職務経歴書、履歴書作成
  • 企業への応募
  • 企業面接
  • 退職調整

退職調整はどんなに短くても1ヶ月はかかります。それぞれのスケジュールをざっくりで構わないので考えておきましょう。

また、普段の仕事でも期限があるから、やる気になったり、本気で考えたりしますよね。転職も同じです。本気で転職を考えているなら、期限を明確に決めて活動しましょう。

 

ここからが本当の転職活動のスタート

この3つができたならば、転職エージェントや転職サイトに登録して企業の求人を探してみましょう。

個人的には転職エージェントを利用することをオススメしますが、今回考えた内容はエージェントとの面談では必ず触れる内容ですので、しっかり考えておけば実際の面談を効率的に進めることができます。

 

何事もスタートが大切です。ぜひやってみることをおすすめします。

コメント